ためらわない 狩るの

それは昨晩のことです

いつも通りイケディをサポに雇い、冒険に出発したピノコ

ただその日はいつもと違う事が一つあったのです

 

ピノコのフレンドさんの中から選ばれたこの二人
別に知り合いではないハズですが、イケディゆえに系統が似る事があるんですね

ピノコ「この二人は何かを彷彿とさせるよね」

エル男「うむ、そうだね ピノコ氏」

ピノコ「これはあれをやるしかないよね」

エル男「うむ、そうだねピノコ氏」

 

ピノコ「二人の呼吸もバッチリ合いそうだね」

エル男「うむ、そうだねピノコ氏」

ピノコ「じゃぁ行きますか」

エル男「うむ、そうだねピノコ氏」

 

 

 

イケディくん、戦ってくれてありがとう
イケディくん、守ってくれてありがとう

あー、ドラクエ10に生まれてよかった

 

どうも

効率的なナンパぶり

充実したサポ生活

「イケディハンター☆ピノコ」です

恥ずかしがって狩りに出られないモジモジハンターのみんな

運命のイケディが声をかけてきてくれる、なんて思ってない?

 

じゃぁ質問です

イケディは自分からナンパしに行きますか?

 

・・・ためらわない、狩るの

見てごらん!ほらもう次の女に狙われてる!

 

 

 

 

はースッキリ(やり切った感)

ちなみに自分から声をかけてくるイケディは、フレのフレでもない限りチャラディかチムメン勧誘です
おちついて対処しましょう

 

ところで私、このネタの為だけに珍しくシックな色合いのドレアを作りました
ブラックリリィとゴールドリリィをふんだんに使ってGが飛んで行きましたが後悔は微塵もしていません
金に糸目をつけないドレアをしたイケディ、そこに並んで恥ずかしくないドレアをするのがハンターとしての礼儀です

 

 

 

ん?エル男くんがどこに行ったかって?

いますよ、ほら

エル男「ピノコ氏、さっきおいらをしまったね・・・?」

ピノコ「何言ってるのエル男くん、心はいつも一緒よ ニッコリ」

エル男「うむ、そうだねピノコ氏」

 

さて、あなたはどちらのイケディが、お好み?