フィン・カフェに行って来た

2018年6月8日イケディ目的のイベント

スポンサーリンク

こんにちは

自分より猫の方が大きかった☆ピノコです

 

今日は先日ちょっこしカフェに行って来た時のお話しです

完全なるピノコのご褒美タイムなので、ご注意ください

 

フィン・カフェ

夏を目前に控えたアストルティアのとある住宅村に、ひっそりとカフェがオープンしました

このカフェの名は「フィン・カフェ」

フィン

心地よい響きのこの言葉

あなたはこの言葉の意味を知っているだろうか?

皆様にご紹介するにあたり、その意味を間違えていてはならぬと、改めてgoo辞書を検索した所「(魚などの)ヒレ」という言葉が出て来た

魚などのヒレ・・・

そう、このブログの読者様ならもうお気づきでしょう

 

これがフィン・カフェだ

 

衝撃の事実

5月某日

ピノコの元に1通のメールが届いた
差出人は某腰ヒレ集会主催のウェディ男さんだ

「〇月〇日の予定は空いてる?イベントをするのでぜひ来てほしい」

というような内容のメールだった

この時、詳細は語られず、ピノコも先の予定は未定な生活を送っているために「都合がついたらかけつける」というような内容の返事をしたと思う

 

それから数日

ツイッターにイベントの告知が出された

これを見て欲しい

な・・・・

なんだってえぇええ!!

前回の腰ヒレ集会に来れなかったフレって・・・もしかして

 

ピノコ
ピノコ
違うな
ジャック
ジャック
いやどう考えてもお前だろ
ピノコ
ピノコ
バカ言わないでちょうだい!!

1番目に決まってるでしょぉおお

ジャック
ジャック
・・・はいはい

 

何はともあれ私でした

さすが腰ヒレ集会主催、カフェをすると言ってもただのカフェじゃない
ヒレ喫茶とはお見逸れいたしました

これはもう行かないわけにはいかない
ここで行かなかったら私はもうイケディ好きと名乗れない

私はすべてのリアル用事をかなぐり捨ててこのイベントに参加する事を心に決めました

 

そして・・・いつもならここでより多くの人にイケディを楽しんでいただく為、ブログにイベントの宣伝を書いたりするのですが

イケディとの濃密な時間を楽しみたい

という欲望が勝り、宣伝するのをやめました(キッパリ)

 

交流会スタート

オープン10分前

張り切りすぎて誰よりも早くカフェに降り立った私

ほほう、ここが楽園の入口・・・などと思っていると店員さんが出てきました

さっそくお写真をパシャリ

もちろん恒例のパ〇ツチェックも忘れない

 

そして開店と同時に入場

お客様を出迎えるスタッフさんとも疾風の如く記念撮影をパシャリ

出迎えスタッフにウザがらみなどしては、営業に支障が出るので軽く挨拶を済ませさっさと奥へ進みます

まだ誰もいない店内でパシャリ

空気を読んでポーズをとるスタッフさん(左)と、はいもうひとりのこちら

彼こそがこの「フィン・カフェ」の主催者だ

ありがとう、ピノコはもうすでに幸せです

 

実はこのカフェ、知ってか知らずか概ねピノコのフレンドさんで構成されている

粒ぞろいのイケディ達だ

フレさん、ということはその性格や趣向などもわりと知っている

ズバリここの店員さん達は・・・

無類のプクスキーである

いつもなら幼女で参戦する私も、この日ばかりはお礼も兼ねてプクで行かねばなるまい

夏ドレア交流会である事などすっかり忘れ、疲れたイケディ達を癒そうと身をもって甘味に変身

さぁこのワガママバディを思う存分楽しむがいい

イケディにクリームを差出し

エル子ちゃんにはついばまれ

ダンディ坂野さんとゲッツしたりして楽しんでいると

スタッフとの記念撮影タイムに入ります

というアナウンスが聞こえて来ました

「ご希望の方は撮影ブースまでお越しください」

 

スタッフとの記念撮影タイム

たしか事前に確認した広場の告知文書によると

「スタッフ全員とお写真が撮れます」

それすなわち

こういう写真が撮れるという事・・・わぁ~お

THE・イケディフレーム❤

 

「誰も来なかったら悲しいから誰か来てね!!」

などと書いてありましたが

これ完全に殺到するやつ

 

案の定、撮影ブースには長蛇の列

てんてこまいのスタッフたちを横目に、適当にご案内を手伝いながら

フレさんとパシャリ

失敗してオガ子さん立ってたり

失敗してウェディ子さん立ってたり

0時から新しい防衛軍始まりますよーとか、関係無い案内をはじめたり

スタッフがフレさんばかり、という事を最大限生かしての自由ぶりで過ごし・・・

イケディにもみくちゃにされたり

他のイケディフレームに入らせてもらったり

腰ヒレ集会楽しみ度暫定1位のドワコちゃんと並んで撮ったり(右から2番目)

激しく満喫しました

 

閉店前のご褒美

それからもまだ店員の如く、居残りする事閉店時間

一仕事終えたスタッフさんと雑談会

 

すると・・・

 

「忙しくてできなかったアレがやりたいね」

「うんうん、せっかく考えたしね」

「ちょっとやってみようよ」

「ピノちゃん撮影ブースにおいで」

 

ほいほい誘いに乗ってブースに行くとみんなが

「フがいないね」

「フがいないなぁ、フ寝ちゃったんだよね」

「フどうしようか」

 

と言いだしました

フって何・・・?

フ・・・?

 

 

ではここで判明した「フ」のお写真をペタリとして、この長い長いピノコのご褒美タイムを終了にしたいと思います

皆さん、もしまたこのフィン・カフェが開店した時には、ぜひ遊びに来てください

※左から順にハートを描く

もちろんフィンも忘れずに

スポンサーリンク